HOME お知らせ 理事長報告 委員会 事業報告 年間スケジュール  

一般社団法人知立青年会議所 2020年度
理事長所信

理事長 永井 翔太


愛と優しさが世界を変える~すべてはあなたの為に~


~はじめに~


 「明るい豊かな社会の実現」を理念に様々な運動を展開し、地域のために、まちのために、子供たちのためにとその身を削り、人生というかけがえのない命の時間を捧げていく。その中で多くの同志と出会い、別れ、友を越えるほどの友情を育み、新たな価値観を創造し、JAYCEEであることに誇りを持ちながら“人”を磨いていく。これこそが青年会議所の醍醐味であり存在意義であると確信しています。

そして何よりも、人間力を磨いていく上で決して忘れてはいけないことは、

「あなたの為に」であると、私はこの青年会議所に入会し強く感じさせられました。



 2010年度、入会当初の私は、物事のベクトルは常に自分に向いていました。感情の赴くままに行動し、自分が楽しいかどうか、自社の為になるのかどうか、自分の家族を幸せにすることができるのかどうか。すべてのベクトルは私に向いていました。知立は大好きですし、仲間たちも大好きです。しかしながら、仲間とともに作り上げていく事業の目的や目標を掲げるにあたり、この考え方が大きな間違いであると少しずつ気が付いていきました。委員会にメンバーが集まらない、想いが伝わらない、時間に追われ多くのことを諦めていました。何とか事業を終え、心身ともに疲れきったところで私はこの会を退会いたしました。2012年度、初めて委員長職を仰せつかった年の暮れの出来事です。
 翌2013年度、そこには私の会社に笑顔で毎日のように顔を出してくれる多くのメンバーがいました。こんな最低な辞め方をした私に、毎日激励の言葉をかけてくれました。その時初めて、自分が恥ずかしくなり、自分の人としての器の小ささを実感しました。私はこの仲間の為に、仲間と共に目指す明るい豊かな社会の実現のために2014年度、新入会員として再入会させていただきました。今となっては返しても返しきれないほど多くの御恩と御縁を下さった知立青年会議所に感謝が尽きません。この想いを一人でも多くの同志に伝え、残されたJAYCEEとしての時間を仲間と大切な人とともに住まうまちのために捧げていく所存です。

~一般社団法人知立青年会議所は2020年度、創立50周年を迎えます~

 第50代理事長職を仰せつかるにあたり、これまでの49年の歴史の重さと想いの大きさに心が震え、受け取ったバトンを繋いでいく責務に身が引き締まるとともに、偉大な先輩諸兄姉への感謝が尽きません。一年一年大切に繋いできて下さったことに敬意を払い、恩送りをするとともに、過去から学び得たことを未来という新たな世代へ確りと渡していきます。先輩たちが成し遂げてきた功績は追いつくことの出来ないほどに大きな背中となって、私たち後輩を鼓舞し続けてくれています。「臆することなく突き進め」と私たちの背中を押し続けてくれています。だからこそ私たちは環境や境遇に怯むことなく今日まで運動を続けてくることが出来ました。そして、改めてこの49年を振り返り、我が身を顧みて思うことがあります。

 50年前、知立青年会議所を起ち上げた先達が思い描いた“知立の明るい未来”を私たちは今、実現できているのでしょうか。先輩方の期待に応えられているのでしょうか。魅力的な団体であり続けていられているのでしょうか。

 発足当初とは時代も環境も大きく変わりました。10年1時代と呼ばれていた世の中が、3年で大きく変化する社会となり、様々な分野で革新的なものやサービスが誕生し、ハード面では圧倒的に豊かになったように感じます。通信の分野ではスマートフォンやタブレットが登場し、3Gから4Gへ移行したことでSNS社会を迎え、容易に世界と繋がることの出来る環境にあります。今では5Gの世界に突入しはじめ、AI技術が進むにつれて、車の自動運転、無人遠隔医療など幼少期に観たSF映画の世界が実現しようとしています。そんな時代だからこそ人として大切にしなければならないことがあるのではないでしょうか。
 今一度、自身を顧みて、使命として誰のために何のために魂を燃やしていかなければならないのかを考えなければいけません。JAYCEEとして地域のリーダーに相応しい人として、その身を律していかなければなりません。大切なまちの為に、仲間の為に、家族の為に、愛と優しさをもって向き合っていかなければなりません。これは容易なことではありませんが、愛と優しさこそが人の心を動かし、世界を変えていくのだと信じています。
 真に優しい人である為に私たちは互いに磨き合いながら、人格者であり強く優しい心の持ち主にならなければならないと考えます。これこそが人間力であり、人としての魅力であり、器の大きさだと感じます。魅力的な人財の集う組織こそ魅力的な団体であると確信しています。そして知立JCもそうでなければならないと。

「魅力とは与えることによって得ることができ、求めることによって失うものである」
アルフレッド・アドラー

~資質の向上と人財育成による会員拡大~


 私は会の存続の為の会員拡大活動は行いません。私たちの為の会員拡大に誰が賛同して入会してくれるのでしょうか。青年会議所に入会することによって自分では気づくことの出来ない価値観に出会い、能動的な会員に刺激を受け、このまちに住まう中でJAYCEEとして活動することに魅力を感じてもらってこそだと考えます。
 私たちはいつまでも学びの機会を提供できる団体でなければなりませんし、新しい仲間を受け入れていくだけの確りとした基礎を作り上げておかなければなりません。必要であれば仕組みや定款でさえも見直すべきだとも感じます。そして何よりもこの素晴らしいJCを伝える私たちの“あるべき姿”を強く意識し、資質の向上に努めなければならないと考えます。
 会員一人ひとりが知立JCを愛し、誇りをもって会員拡大活動に取り組むことで、より多くの新たな仲間と出会うことができ、目先の数値目標にとらわれない本質的な体質改善に繋がると考えます。そのためにも私は率先して行動していきます。魅力溢れるJCと仲間の為に。

~“ひと”づくりによる“まち”づくり~


 2020年度、知立JCと同じく知立市政も50周年を迎えます。知立市では駅前開発が進むと同時にインフラ整備やハード面での環境整備が行われています。では、まちづくり団体である私たちは何をすべきでしょうか。市議会や各種団体と連携してソフト面での環境を整えることも必要かもしれませんし、学校教育や児童養護問題に目を向ける必要もあると思います。多くの問題や改善点から見えてくるもの、それは“ひと”です。何を考えどう行動するにも“ひと”と“ひと”とが向き合い、相手の為に最良な方法を模索し改革をしていくものだと考えます。
 更に私は、近い将来この知立で躍動する子供たちに相手を思いやる心や仲間や家族、与えられた環境に感謝のできる心、利他の精神をもって“ひと”の為に頑張ることの出来る強い心を伝えていく事が大切だと考えます。子供たちが物事の本質を見極め、文字や言葉では伝えきれない想いを原体験で学び、生涯の意志として心に刻んでいく事で、まちの未来は切り拓いていけると信じています。
 “まちづくりはひとづくりから”綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、JCこそ綺麗ごとを真剣に“我武者ら”に取り組んでいける唯一無二の団体だと確信しています。私たちは子供たちと心から向き合い、コミュニケーションを図っていく中で、今を生きる大人として夢や希望を抱くことの大切さを伝え、広い視野と優しい心を養っていきます。
 この地に住まう子供たちがいつの日か、自分以外の誰かの為に、あなたの為に行動できる人財となりこのまちをより輝かせてくれることを願って。すべてはあなたの為に。

~能動的人財育成による組織改革~


 組織である以上、定款や諸規則・ルールに則って運営していかなければなりません。必要であればそれを見直していく事も然りです。
 その為にも幾度となく会議を重ね、決めたことに対し積極的且つ迅速に行動していかなければなりません。会員それぞれに仕事や家庭・プライベートがある中で物質的な見返りを求めずに、輝かしい未来を築く為に人生を費やしている組織なのです。そうであるならば、私たちは一分一秒も無駄にすることはできませんし、受け身ではなく常に能動的に先を歩み続けなければいけません。
 活動においても、総会や理事会など各種会議の意義を深く理解し、自ら覚悟を決めて参画していかなければなりません。時代に沿った組織にしていくのではなく、時代に求められる魅力的な組織へと改革し続ける為にも、私たち自身が恐れることなく可能性を信じ、一歩踏み出せる能動的人財でなければならないと確信しています。
 今こそ革新の想いと意識ある行動によって、人と地域の未来を創ることの出来る団体を目指す時です。

~結びに~


 今を生きる私たちは物質的に豊かになったことで多くの選択肢を得ることが出来ています。その一方、情報量の多さや豊かさに惑わされ、人生の費やし方に悩まされる事もあるのではないでしょうか。忘れてはならないことは、私たちは決して一人では生きていく事は出来ず、たくさんの人に支えられ生かされているということです。私たちよりも先に生きてきた方々が私たちの為に今という瞬間を繋いできてくれたことに感謝し、私たちも人生という時間を私たちの為に費やすのではなく、誰かの幸せの為にこの命を燃やしていかなければなりません。そして未来に希望を咲かせていかなければならないと。これからは求めるのではなく与える側の人として、多くの同志とともに能動的に行動していく事をここに誓います。
 私たちのまちが愛と優しさに溢れ、人と人とが思いやりをもって共生していける明るい豊かなまちづくりの為に、私たちはJAYCEEの大義を胸にチャレンジし続けます。



「人生で最も永続的でしかも緊急の問いかけは、
“他人の為に、今あなたは何をしているか”である」
~マーティン・ルーサー・キング・ジュニア~

「あなたには大切にしたい誰かがいますか?その人は笑っていますか?
その人を幸せにする為に、あなたは命をどう使いますか?」
~永松 茂久~

「自分の価値観で人を責めない。一つの失敗ですべてを否定しない。
長所を見て短所を見ない。心を見て結果を見ない。
そうすれば人は必ず集まってくる。」
~吉田 松陰~